My Dolly CAT


人形好きのためのドールコレクターによる感想と画像
by reirei-cat
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

被災した動物について

今日はドールのお話ではありません。

興味の無い方、反論のある方は無視して下さい。


私は、最も社会的に弱い立場にある命を無視できなかったので、
以下の記事を載せます。
被災した人の救済が大事なのは承知ですが、
同じ苦しみを味わいながら、まったく救済無しの動物達は酷過ぎると思います。




以下のサイト、ちょっと見て頂き、
可能でしたら何処かにリンクなどして下さると助かります。
無理でも、お心の片隅に留めておいて頂くと有難いです。

(私は、登録者第一号です。)
=====「被災動物受け入れの登録」は、以下で募集しています。======

「犬猫救済の輪」ー神奈川県ー   (ここから、私は昨年母子猫を迎えました。)
http://inunekokyusainowa.la.coocan.jp/


出来ましたら、呼びかけをお願いいたします。
主催者の結昭子さん(50代の女性)と助手の若い女性の二人だけの会です。
結さんは、必死の思いで「救済動物病院」を立ち上げ、
有志ある獣医を最低報酬で日替わりで雇い、運営しています。

ただ、結さんは日頃から睡眠時間もままならない程働いて、脳梗塞で倒れ入院していました。
しかし、この度の事件で退院してしまいました。
「皆に止められたのですが、生きているうちしか活動は出来ないから。」と仰り、
左半身不自由で、歩くだけがやっとという体で活動されています。

が、現地に入るのは事実上無理で、被災動物に関する情報も無く、
正直、何をしてよいのか分からない状況だそうです。

しかし、やがて行き場を失った被災動物が続々と出てくると思います。
一人でも多くの方に受け入れして頂くと助かります。

お知らせのみですが、よろしくお願いいたします。
[PR]
by reirei-cat | 2011-03-16 17:39